外部サービスとの連動

クラウドストレージの連動方法

eformsign は、完了文書を外部のクラウドストレージサービスに自動で保存するよう設定できます。現在、Dropbox、Google Drive、OneDrive、box に対応しています。

注釈

外部のクラウドストレージへの連動は代表管理者のみ設定できます。

  1. メニューのコネクト > クラウドストレージに移動します。

    クラウドストレージの画面
  2. 完了文書を保存するクラウドストレージを選択した後、アカウント接続 ボタンをクリックしてログインします。

  3. ログインすると、 接続解除保存パスの設定 ボタンが表示されます。必要に応じて 保存パスの設定 ボタンをクリックして、保存パスを設定します。

    クラウドストレージのアカウント接続と接続解除

    注釈

    保存パスの設定 ポップアップは、次の通りです。

    デフォルトのパスは、eformsign のサブフォルダーとして会社名が入ります。新しいフォルダー ボタンをクリックして、新しいフォルダーを作成し、保存パスを変更することもできます。

    image1

  4. テンプレート管理 メニューに移動します。

  5. クラウドストレージに保存したい文書のテンプレートをクリックし、テンプレートの設定 メニューに移動します。

  6. ワークフローの設定 メニューに移動します。

    ワークフロー設定時の完了ステップの設定
  7. 完了 ステップの属性タブで 別のクラウドストレージに完了文書を保存する にチェックを入れます。上記のクラウドストレージメニューで設定したクラウドストレージが接続されていることが確認でき、文書が完了すれば、eformsign に加えて連動中の外部のクラウドストレージにも自動的に保存されます。

    別のクラウドストレージに完了文書を保存するのチェックボックス

分析およびレポート

新しい文書を追加するたびに CSV ファイルをダウンロードするのが面倒な場合は、この機能の使用を推奨します。入力データが、Google スプレッドシートやOffice 365 の Excel 文書に自動的に保存されるように設定することができます。

注釈

分析およびレポート代表管理者 のみ設定できます。

分析およびレポートの画面
  1. メニューの コネクト > 分析およびレポート に移動します。

  2. Google スプレッドシートまたは Office 365 のうち、連動したいサービスを選択し、 アカウント接続 ボタンをクリックしてログインします。

    分析およびレポートの画面
  3. データの連動管理 ボタンをクリックします。

    データの連動管理の画面
  4. 中央または右上にある データ連動の追加 ボタンをクリックします。

    データの連動管理の画面
  5. 接続名、データ連動シート、データ送信時点、テンプレートを設定し 保存 ボタンをクリックします。

    データの連動管理の画面
    データの連動管理の画面

    注釈

    データ連動シートについては、Google シートにたとえば、そのシートの URL を意味します。

  6. データの連動管理 画面に、データが連動されるシートが表示されます。

    データの連動管理の画面
  7. 連動されたシートに移動すると、データをインポートするカラム(フィールド)が表示されていることが確認できます。

    データの連動管理の画面